<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
2011.06.22 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -


いつか虹の向こうへ
2010.01.15 Friday
評価:
伊岡 瞬
角川グループパブリッシング
¥ 500
(2008-05-24)

JUGEMテーマ:読書



一つの歯車が狂うとがたがたがたって、落ちていってしまう。
人生って、こんなものなのかなって思う。
元刑事が、一回の油断で、すべてを失うも、
懸命に自分なりに、優しさを考えながら生きている。

いつか、大好きな息子さんのいる天国まで
虹をわたっていける日がくるといいね。

きっと、それまで思ったとおりまっすぐに
生きてゆくんだと思う。


浅田次郎のやくざ物を思い出したわ。
伊岡 瞬 / 00:35 / comments(0) / -


禁断のパンダ (下)
2009.11.13 Friday
JUGEMテーマ:読書


「このミステリーがすごい!」大賞受賞作。
このミステリーがすごい大賞とったお話はほとんど読んだけど
どれも当たりやからとびついて買ったぁ。
めっちゃおもしろかった。

なにせ神戸が舞台で、近所がいっぱいでてくるし。
春日野道とか、東山商店街とかって友達働いてるし(笑)
続編も早く読みたいわ〜♪

ミステリーだけに最後はひやっとできるし、テンポがとてもいいから
いいペースで読めました。

本物のコックさんが書いてるだけに、お料理の描写がすばらしいです。
味まで伝わってくるもの。

明日、おいしいものたべよーっと♪
拓未 司 / 01:14 / comments(0) / -


禁断のパンダ(上)
2009.11.13 Friday
JUGEMテーマ:読書


拓未 司 / 01:05 / comments(0) / -


仔羊の巣
2009.11.13 Friday
評価:
坂木 司
東京創元社
¥ 720
(2006-06-17)

JUGEMテーマ:読書


「青空の卵」の続編、「仔羊の巣」です。
お風呂本として毎日少しずつ読みました。
ある事件をきっかけに、引きこもりになった鳥井真一が、名探偵になって
事件を解決していくシリーズ。
鳥井くんの世界の窓口になってる坂木くんとのふれあいが、
なんか心あたたまって癒されます。

いろんな事件を解決するたびに、鳥井くんの人間関係の世界が
少しずつ広がっていってるのが、なんかとってもうれしくなります。

坂木 司 / 01:00 / comments(0) / -


小さな店のつくり方
2009.11.05 Thursday
評価:
たかはた けいこ,中村 真
繊研新聞社
¥ 1,600
(2001-03)

JUGEMテーマ:読書



古本屋で見つけた一冊。
今、仕事で店長させてもらってるのでなにかヒントがあるかなって
思って読んでみました。
う〜ん、当たり前のことばっかりだったので
いまいちでした。




たかはた けいこ / 00:12 / comments(0) / -


Story Seller
2009.10.21 Wednesday
評価:
---
新潮社
¥ 860
(2009-01-28)

JUGEMテーマ:読書


7つの短編がみっちり詰まっています。
ストーリーセラー2をこないだ、
続きじゃないけど同じキャラクターがでてる話もあって
こんな出会いがあったんやってゆう発見があったり。

近藤史恵さんの自転車ロードレースのお話よんでから、
CSで、ロードレースみたら見てしまう私です。
自転車レースって、チームで動いてるとかしらなかたし。

7つとも、その作者の味がたっぷりです。

ダイスキな本多さんの「ここじゃない場所」は、ちょっぴり切ない初恋のお話。

一番よかったのは、道尾さんの「光の箱」かな。
やっぱり初恋は、あまづっぱいものなんですね。いいなー(笑)
これも初恋ものかー♪

この本を読むと、絵本とか小説とか書きたくなるね。
いろんな作家さん集合 / 02:35 / comments(0) / -


週末のフール
2009.08.30 Sunday
評価:
伊坂 幸太郎
集英社
¥ 660
(2009-06-26)

JUGEMテーマ:読書


内容的には、3年後に隕石が地球に衝突するから、みんな死ぬことになってしまうから、
3年間は仕事もせずに自由に暮らしましょうってお話。
パニックになって、暴動おこしたりがやっと落ち着いたころからはじまってる。

いろんな人がでてきて、いろんな立場で、この事態を
受け入れようとして、垣間見れるやさしさとかが、心打たれたりする。

人間って未来があるから、毎日、日々がんばってるやん。
だから3年後に終わるよ。しかもみんな一緒に‥になると、
娯楽もなくなってしまうし、仕事もしなくなるし、農家の人やお店の人も
仕事しなくなるわけだから、もちろんプロ野球とかの楽しみもなくなるし。
考えたらすごいお話で。

よく考えると、みんながそれぞれの生活のために働いてるわけだけど
それで世の中は回ってるんだなってのが改めて思いました。

私のしてるお仕事もみんなの役にたってたらとってもうれしいです。


伊坂幸太郎 / 01:32 / comments(0) / -


星守る犬
2009.07.28 Tuesday
評価:
村上 たかし
双葉社
¥ 800
(2009-07)

JUGEMテーマ:読書


★5を付けたいけど、あまりにも切なくて悲しくて、読んでて
辛かったから★4つにしました。

読んでてどんどん涙がでてきたので、電車で読んで大変でした。止まらなかったよ。

お父さんとハッピーの心のふれ合いと、楽しいドライブの旅。
ほんとに、読んでて、そうそう!わかるわかる!ってシーンがたくさんでてきて、
助手席のハッピーがかわいいの。
でも、最後は、ほんと悲しすぎて辛すぎて、向日葵が咲き乱れて、
お父さんもハッピーも楽しく遊べてたらいいな。

うちのマロンもほんとこんなんだから、
これ読んでから、毎日あほほど遊んであげようって、思って、
それから遊びすぎて夜中にも遊ぼうぜーってやってくるので、困ったものです(笑)

犬はほんとに、いつもキラキラした目で見つめてきますよね。

私もかけひきなしに、純粋に気持ちが伝えられる女になりたいと思いました。
村上 たかし / 00:23 / comments(0) / -


闇が嗤う
2009.07.28 Tuesday
JUGEMテーマ:読書


久しぶりに、乃波さんの小説を読みました。
懐かしの音道刑事シリーズです♪
今回も同じ30代女性の気持ちにかなり共感しつつ、すらすら
さらっと、読みました。

さらっとって、感じかなー。

乃南 アサ / 00:13 / comments(0) / -


空中ブランコ
2009.06.25 Thursday
評価:
奥田 英朗
文藝春秋
¥ 500
(2008-01-10)

JUGEMテーマ:読書


インザプールの続編ですね。
さっそく読みました。期待通りおもしろかったです。
今回は、飛べなくなった空中ブランコ乗り、ヤクザの先端恐怖症、
投げれないプロ野球選手などなど。
どれもおもしろくて、電車降りたくなくなるぐらい集中(笑)
休憩時間オーバーしちゃおっかなって思う(笑)
やっぱり伊良部先生、かわいいし、何も考えてなさそうで
無邪気なのに、きっちり治療しちゃうところが
ほんとスッキリ、すばらしいです。

続編、
町長選挙もただいま読んでいます。おもろいです。
奥田 英朗 / 10:03 / comments(0) / -


Infomation
サオリ文庫
あわせて読みたい
Categories
Archives
Comments
Sponsor
Others
material by Tiny tot
template by Utakata.
Search